Snow Drop

花言葉は~希望を叶える~

カジノ導入とギャンブル依存症対策

   

いよいよ秋の臨時国会が開幕しました。
安部首相の所信表明演説には出て参りませんでしたが、
今国会でカジノの行方が決まると思われます。

カジノ導入に伴う、ギャンブル依存症対策も議論され始めていますが、
現在あがってきているものは、私たちからみると、
傷口にバンドエイドを貼るような、対処療法にしか思えません。

例えば、
●本人や家族から申告があった人は入場できない
というものですが、
そもそも、ギャンブル依存症当事者は「否認の病」と言われているように、
自分からギャンブルを制限したりしません。
また、家族が申告と言っても、家族は本人がギャンブルをやっているなどと気がつかず、
気がついた時には借金が膨れ上がっていたといったケースも多々あります。

●入場料を高くする
という対策(?)は、全く意味があると思えません。
少なくともギャンブル依存症対策としては、効果はまるでないでしょう。

そもそも、ギャンブル依存症に罹患してしまうと、現実逃避が始まり、
数百万、場合によっては数千万、数億円といった莫大な借金を
「ギャンブルで一発あてて、一気に返済する」という有り得ない妄想を抱き、
そこにすがるしかなくなります。

「借金が返済不可能なほどできてしまった」という真実を認めてしまったら、
現実が重くのしかかり、苦しくて仕方がなくなるからです。

そんなギャンブル依存症者が、入場料を1万2万にしたからと言って、
それは、はした金にしか見えません。
そのお金を払っても、数千万あてて逆転すれば良いと考えます。

また百歩譲って、入場料を負担に感じるギャンブラーがいたとしたら、
その人たちは違法カジノへと、足を運ぶ可能性が大きくなります。

違法カジノは、恐らく正規のカジノができたなら、サービスで対抗措置をとってきます。
もちろん入場料もとらず、場合によっては初回のお買い上げ金の10%~20%のサービスをつけてきます。
これは、最初に100万円買った場合には、10万円のサービスがついてくるというものです。
いずれにせよ、入場料は歯止めにはなりません。

私たちは、カジノ建設には、賛成も反対もありません。
けれどもこの機会に有効なギャンブル依存症対策を打ち出して頂きたいと切に願っております。

600enzetsu_s

クリックしていただくとランキングがあがります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

ご支援お願いします。

 - 未分類

  関連記事

Casino_slots2
本格的な対策を!

日本のカジノ建設に対し、「外国人限定」「日本人も利用可」で、二転三転しているよう …

makuhari
「頑張った子ほど要注意」幕張シンポジウムのお知らせ

高知東生さんの逮捕を受けて、またしても覚せい剤事犯について、 センセーショナルな …

gamblingaddction
朝日新聞「ひと」に掲載されました~伝えたいメッセージ~

すでにFaceBook、Twitter等でお知らせいたしましたが、 9/19の朝 …