Snow Drop

花言葉は~希望を叶える~

設立趣意

 「ギャンブルをやめたいのに、やめられない。」

 「ギャンブルをやめなければならないと、わかっているのにやめられない」

 自分の人生が、ギャンブルの問題のために、破たんしていてもギャンブルをやめることが出来ない・・・そんな残酷な病気、それがギャンブル依存症です。

 ギャンブル依存症は、WHOが定めている国際疾病分類「精神及び行動の障害(ICD-10)」の中でも、治療すべき病気と定められ、正式名称を病的賭博と呼ぶ、れっきとした「病気」です。にもかかわらず、日本国内でこの事実を知る人は、殆どいません。

 ギャンブルによって、借金やその他の問題を繰り返す人に対して、日本の社会は「甘えている」「たるんでいる」「自立できていない」「根性がない」「ストレスのせい」果ては、「親の育て方が悪い」「配偶者が至らないからだ」と、当事者や周囲の人達を責め、傷つけ続けます。

 しかしながら、ギャンブル依存症が「病気」である限り、本人の自覚や努力、ましてや根性論だけでは、回復することはできません。ギャンブル依存症からの回復するには、セルフヘルプグループに通ったり、治療施設に入寮して、適切なプログラムを受ける必要があります。

 現在、日本国内において、ギャンブル依存症罹患者は、200万人とも570万人とも言われております。その内、治療につながれた当事者は、当会推定で約2000人程度と思われます。

 また、ギャンブル依存症者の周囲には、当然ながらその2倍3倍に該当する、問題に巻き込まれ苦しんでいるご家族がいます。ご家族には、ご家族のためのセルフヘルプグループや家族会があり、それら支援の手に繋がることによって、当事者との適切な関わり方を学び、結果として、当事者にとってもご家族にとっても有効な手立てが取れるようになります。

 当会の設立は、これらギャンブル依存症を取りまく問題背景を踏まえ、ギャンブル依存症に対する啓発活動、情報提供、予防教育を目的に設立されました。

 ギャンブル依存症に対する、正しい知識を国民の皆様方にお届けし、ギャンブル依存症の当事者及びご家族様が苦しみや悲しみから解放されること、また、ギャンブル依存症による社会問題の減少に貢献したいと考えております。

公開日:
最終更新日:2014/05/26